どこにでもいるようないないような、そんなバンドのお話。

山口県から上京し13年間続けたバンドが解散。当時のバンドの話と、映像を作っている今の僕の話。

【スポンサーリンク】

ピンチコストーリー#011【デコピンで死ぬほどの...】

前回のあらすじ

エロ男児が仲間になった

 

CDを作りたい!

オリジナルソングあんだからCD作れるっしょ!

CD作ったら色んな人に聴いてもらえるっしょ!

そしたらめっちゃ楽しいでしょ!

 

僕の頭の中はいつもシンプルだった。

 

バンドマンなら誰しもやってみたい!音源作り!

 

でもCDってどうやって作るんだ?

まず誰でも作れるのか?

 

何もしらない僕たちは

運命の人物と出会う

 

それは再びスタジオベースカルチャーでの出来事だ。

 

いつも通り僕は知らない人でも話しかけて

いきなり友達になったりしていた。

(色んな人に迷惑かけてると思います。マジすんません!)

 

ある日

細くて

白くて

背が高くて

アルフィーのたかみーみたいな髪型の人と出会う。

(ちなみに僕は赤ちゃんの時にたかみーに抱っこされたらしい。母談)

 

その人は見た目ひょろひょろっとしてて

凄く不健康そうだった。

デコピンしたら死にそうな感じだった。

思わず

「いますぐ点滴持って来ます!」

と言ってしまった人は

今まで2人くらいはいるんじゃないかな?

いや、いないだろうなぁ。。。

というような見た目だった

 

あ、この人絶対ミュージシャンだ

ミュージシャンオーラは出てた。

すかしっぺ程度出てた。

 

その人と話しているうちに理解した。

世の中にはCDを作る専門の人がいる。

レコーディングエンジニアとう存在

そしてこの人はまさにそれだった。

 

おお。

すげえ。

 

【スポンサーリンク】
 

そんな人がこの世にいることさえ知らなかった僕はまたしても

興味しんしんだった。

 

僕はまた一つ賢くなった。

 

彼の名はO氏

 

僕より全然先輩だった。

 

持ち前のコミュ力で

「レコーディングしてください!タダで!」

 

とお願いしたら

 

「いいよ♪」

 

と一瞬で決まった

 

我ながら自分の能力が恐ろしい

たぶん僕は幼きころに

"誰とでも友達になれるなれるの実"を食べたんだと思う

というより今考えたら

 

タダでレコーディングしてもらうなんてそんな図々しいことないです!w

 

だが、何もしらない

アホ大学生僕は

いえーい!レコーディング決まったー!

 

と超はしゃいでいた。

 

かくしてPINCH COXにレコーディングエンジニアが仲間になる。

それからO氏とは長い付き合いになるのであった。

 

続く

【スポンサーリンク】
 

 

---プロフィール---
吉開悠悟(ヨシガイユウゴ)
PINCH COX(ピンチコックス)知らない人は見てください↓
▼PINCH COX MVプレイリスト
https://www.youtube.com/watch?v=x2_eJkYsmRM
動き回るのが好きなのでだいたいどこかに出没します
レコーディングやります(ピンチコのrecは全てやってます/Mac/logic)
MV作ります(ピンチコのMV撮影編集全て僕やってます)
デザイン します(バンドのジャケ/チラシ、ポスターデザインなど全て僕っす)
パソコン好きですApple派(Mac book air/Mac book pro/Mac pro)
カメラ(Go pro/動画撮影/SONY αシリーズ)
金魚飼ってます。その名は金ちゃん。
みたらし団子が好きです。ウイスキーも好きです。
 
PINCH COXのオススメプレイリスト
▼Spotify
https://open.spotify.com/user/pinchcox/playlist/6it4f7nrjpJMe6iwqs5KwF?si=LbkbHH6JRbC7hGREaljedw
▼Apple music
https://goo.gl/sh8JKc
▼google play music
https://play.google.com/music/playlist/AMaBXykJNzOUsoppFtUwYIwKp9QvJd8_KyIMEnpVxSI_VBeY-DAVUwPYBwIOrC8Rbw8TSVGAkI8wKiAq-yyL1bm-1TGtBrIHcQ%3D%3D