どこにでもいるようないないような、そんなバンドのお話。

山口県から上京し13年間続けたバンドが解散。当時のバンドの話と、映像を作っている今の僕の話。

【スポンサーリンク】

ピンチコストーリー#017【gift!パパとママがくれたもの!】

前回のあらすじ

ベース真木大輔が加わり

ライブハウスから背中を押してもらい

僕たちは音楽にのめりこむのであった

 

時は2006年

僕たちは大学3年生くらい

 

そんなこんなで

真木大輔加入後初のオリジナル楽曲が完成する

 

そう

その後のPINCH COXを大きく引っ張っていってくれた曲

 

【スポンサーリンク】
 

「gift〜パパとママがくれたもの〜」

である。

翔太が作詞作曲をし

「あの曲イイネ!」

と多くの人から支持を受けた

そして數年間、この楽曲が僕らの背中を押し続けてくれた。

 

PINCH COXの中での

不朽の名作

といえよう

 

【スポンサーリンク】
 

真木大輔のセンスも光った

サビのベースラインが面白く

多くのベーシストが楽しんでコピーしてくれた。

 

ちなみにこの時のPINCH COXオリジナル楽曲は

ピリオド

迷走

おつかれSONG

Poop

すっぴんぴん

ハルノハナビ

doors

gift〜パパとママがくれたもの〜

(曲が完成した順番)

 

【宣伝♪】

 

アルバム[FUNKY COMBINE]に収録

▼Spotify

open.spotify.com

▼Apple music

https://itunes.apple.com/jp/album/funky-combine/1416298094

▼Google play music

https://play.google.com/store/music/album/PINCH_COX_FUNKY_COMBINE?id=Bpohicxi2obxye2pkhhmwirlenm&hl=ja

 

 

こんな楽曲の揃い踏みであった。

gift〜パパとママがくれたもの〜

この楽曲は当時のピンチコックスを大きく引っ張ってくれた

今でも人気の楽曲である。

 

山口県時代のピンチコを知っている人は

ピンチコ=gift!

と思っている人も多いのではないかと思う。

 

そんな"gift"であるが

最近のライブではほぼ演奏しない

それには理由があるのだが

それはピンチコストーリーがもう少し先へ進んだときにお話しよう。

 

そして次回は

もう少しこの"gift〜パパとママがくれたもの〜"

という楽曲に関して掘り下げてみる!

 

続く...

 

 

【スポンサーリンク】
 

【スポンサーリンク】
 

---プロフィール---
吉開悠悟(ヨシガイユウゴ)
PINCH COX(ピンチコックス)知らない人は見てください↓
▼PINCH COX MVプレイリスト
https://www.youtube.com/watch?v=x2_eJkYsmRM
動き回るのが好きなのでだいたいどこかに出没します
レコーディングやります(ピンチコのrecは全てやってます/Mac/logic)
MV作ります(ピンチコのMV撮影編集全て僕やってます)
デザイン します(バンドのジャケ/チラシ、ポスターデザインなど全て僕っす)
パソコン好きですApple派(Mac book air/Mac book pro/Mac pro)
カメラ(Go pro/動画撮影/SONY αシリーズ)
金魚飼ってます。その名は金ちゃん。
みたらし団子が好きです。ウイスキーも好きです。
 
PINCH COXのオススメプレイリスト
▼Spotify
https://open.spotify.com/user/pinchcox/playlist/6it4f7nrjpJMe6iwqs5KwF?si=LbkbHH6JRbC7hGREaljedw
▼Apple music
https://goo.gl/sh8JKc
▼google play music
https://play.google.com/music/playlist/AMaBXykJNzOUsoppFtUwYIwKp9QvJd8_KyIMEnpVxSI_VBeY-DAVUwPYBwIOrC8Rbw8TSVGAkI8wKiAq-yyL1bm-1TGtBrIHcQ%3D%3D