どこにでもいるようないないような、そんなバンドのお話。

山口県から上京し13年間続けたバンドが解散。当時のバンドの話と、映像を作っている今の僕の話。

【スポンサーリンク】

ピンチコストーリー#023:【どこへゆく?】

前回のあらすじ

僕たちはバンド活動が活発になり

「もっと音楽がやりたい!」

という気持ちが大きくなる

しかし

元はといえば就職するために大学に進学した。

誰からみても明らか

そんな中、メンバーに相談することも出来ずにいた。

BGM:ドラゴンボールのあのBGM

 

時は2007年

僕らは大学生3年生から4年生に上がる頃

就職活動の時期真っ盛り

周囲の友達は皆、就職活動に勤しんでいた。

 

どうしようかな?

 

と思いふける日々

 

ある日翔太から

「◯◯◯◯楽器の説明会にいこう!」

 

って言われた

全国に展開している楽器やさんの説明会だった。

就職に対して特に考えの無かった僕は

OKいいぜ!

と返事をした。

返事だけは良かった。

 

そしてアイツを誘うかー!!!

 

と話し合い

真木大輔を召喚した。笑

呼んだらすぐに来た。笑

おそらく暇だったのだろう。

 

なんと3人で会社説明会へ。

 

ピンチコックスは3人で就職活動をし

た時期があった。

 

【スポンサーリンク】
 

バンドのメンバーで就活って。

今思えば社会に対する反逆と思わざるおえない。

完全になめてました。

 

スマセン!!!!m(_ _)m(地球上の全大人に対して)

 

しかも僕は理系

翔太とマキくんは文系

 

学校で習っていることとは全然違うのに。

一緒に行くなんてもはや意味不明すぎる

やっぱり僕らはアホだった。

 

アホすぎて

血沸き肉踊っていた。

頭はお祭り騒ぎだった。

 

そして3人は

遠く離れた大阪まで就活でやってきた。

「◯◯◯◯楽器の説明会」を受けにきたのだ

 

なんか

すげー都会の

すげービルに入って行った

 

僕らはぶかぶかのスーツを着て

アホ丸出しの顔をしてぽけーっと口を開けたまま説明を受けた

 

就職なんてだれでもできる

チョロいもんだぜ

そう思っていた

 

会場で真ん中に立っている人が話をはじめてくれた。

ダンディーなお兄さんだった。

色黒でサーファーと言っても疑わないほどだった。

 

そして

超熱かった!!!

楽器を販売するということに

情熱を注いでいた 

 

楽器を売るのにはこんなに情熱がいるのか!!!

と僕はマジで思った

 

そこは情熱大陸の音楽が流れていた。

(僕の頭の中だけ)

 

色黒でダンディーで。なんかカッコよかった。

たぶん腹筋とか割れてるタイプの顔だった。

 

割れ顔だった。

 

割れフェイス楽器店員

おういぇ〜♪

 

 

続く...

 

【スポンサーリンク】
 

---プロフィール---
吉開悠悟(ヨシガイユウゴ)
PINCH COX(ピンチコックス)知らない人は見てください↓
▼PINCH COX MVプレイリスト
https://www.youtube.com/watch?v=x2_eJkYsmRM
動き回るのが好きなのでだいたいどこかに出没します
レコーディングやります(ピンチコのrecは全てやってます/Mac/logic)
MV作ります(ピンチコのMV撮影編集全て僕やってます)
デザイン します(バンドのジャケ/チラシ、ポスターデザインなど全て僕っす)
パソコン好きですApple派(Mac book air/Mac book pro/Mac pro)
カメラ(Go pro/動画撮影/SONY αシリーズ)
金魚飼ってます。その名は金ちゃん。
みたらし団子が好きです。ウイスキーも好きです。
 
PINCH COXのオススメプレイリスト
▼Spotify
https://open.spotify.com/user/pinchcox/playlist/6it4f7nrjpJMe6iwqs5KwF?si=LbkbHH6JRbC7hGREaljedw
▼Apple music
https://goo.gl/sh8JKc
▼google play music
https://play.google.com/music/playlist/AMaBXykJNzOUsoppFtUwYIwKp9QvJd8_KyIMEnpVxSI_VBeY-DAVUwPYBwIOrC8Rbw8TSVGAkI8wKiAq-yyL1bm-1TGtBrIHcQ%3D%3D