どこにでもいるようないないような、そんなバンドのお話。

山口県から上京し13年間続けたバンドが解散。当時のバンドの話と、映像を作っている今の僕の話。

【スポンサーリンク】

ピンチコストーリー#025:【彩】

前回のあらすじ

僕らは3人で就職活動をした

だがやはり

バンドがしたかった

目の前のことも将来のことも

別にどうでもよかった

ただバンドがしたかったのだ

 

2008年ピンチコックス3人組は大学4年生

僕らは大学生ながらもバンド活動を加速させる。

 

そこで新たなCDを作ろう

という話が持ち上がった

 

そして今回は完全に

レコーディングエンジニアO氏の力をかりてレコーディングをはじめることになった。

もちろんタダで

(ありえへん...w)

 

レコーディングするには

機材が足りなかった

 

そして楽器機材は

実は物凄く値段が高い

 

とても僕らの財力ではどうしようもなかった

財閥の息子J氏を手放したことを恨んだ

 

レコーディングエンジニアO氏も完璧には機材を揃えていなかったのだ

そしてO氏も発展途上であった。

よってお互い成長しよう

そういった意味合いで僕らはタッグを組んだのだ

 

つまるところ

全てが試行錯誤

である

 

【スポンサーリンク】
 

まずはレコーディングする場所はどこでやろう?

部屋の反響

音の鳴り

マイクに音がどうやって入ってくるのか?

マイクにはそれぞれ特性があり

このマイクだとこんな風に録音できる

全て手探りで実験

 

ほとんどのことを試した

もちろん高額機材は試せなかったが

経験を積むことで

予測はついた。

 

世に出ている音源

一流ミュージシャンのCD

アマチュアミュージシャンとの違い

 

何故僕らは一流ミュージシャンみたいなCDの音にならないのか?

 

近隣の練習スタジオ

レンタルマイク

全てを試した

 

結果的に僕たちは2枚目のCDを完成させる。

タイトルは漢字一文字「彩」

イロドリと読む

 

後に「彩」シリーズを発売することになるが

その大元となった1枚目である。

 

収録曲は

1.gift〜パパとママがくれたもの〜

2.ハルノハナビ

3.DANCE DANCE DANCE

4.doors

 

の4曲

実はこのCDも僕らの手元には無い

どこかの誰かの手にあるCDだ

 

次回からこのCDのことを話そう

 

続く...

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

---プロフィール---
吉開悠悟(ヨシガイユウゴ)
PINCH COX(ピンチコックス)知らない人は見てください↓
▼PINCH COX MVプレイリスト
https://www.youtube.com/watch?v=x2_eJkYsmRM
動き回るのが好きなのでだいたいどこかに出没します
レコーディングやります(ピンチコのrecは全てやってます/Mac/logic)
MV作ります(ピンチコのMV撮影編集全て僕やってます)
デザイン します(バンドのジャケ/チラシ、ポスターデザインなど全て僕っす)
パソコン好きですApple派(Mac book air/Mac book pro/Mac pro)
カメラ(Go pro/動画撮影/SONY αシリーズ)
金魚飼ってます。その名は金ちゃん。
みたらし団子が好きです。ウイスキーも好きです。
 
PINCH COXのオススメプレイリスト
▼Spotify
https://open.spotify.com/user/pinchcox/playlist/6it4f7nrjpJMe6iwqs5KwF?si=LbkbHH6JRbC7hGREaljedw
▼Apple music
https://goo.gl/sh8JKc
▼google play music
https://play.google.com/music/playlist/AMaBXykJNzOUsoppFtUwYIwKp9QvJd8_KyIMEnpVxSI_VBeY-DAVUwPYBwIOrC8Rbw8TSVGAkI8wKiAq-yyL1bm-1TGtBrIHcQ%3D%3D